企業沿革

1949年・岩本時夫、金沢市長田にて創業
1963年・岩本工業株式会社設立
1969年・松任市(現在白山市五歩市町)に移転
・第一工場建設
1970年・マシンバイス製作開始/津田駒工業(株)様
1976年・石川県技術向上推進工場に指定
1980年・第二工場建設
1984年・第三工場建設
1987年・トルクセーバー製作開始/CKD(株)様
1989年・FMS 導入 (安田s/s800□MC 3台 + 42パレット)
1992年・代表取締役社長 岩本博之 就任
・大型三次元測定機 導入
・TQC開始
・ポリゴン・フェース・テーブル(自社製品) 開発/販売
1994年・コマツ品質管理賞 受賞
1995年・産業用ロボット製作開始/(株)コマツ様
1996年・高速型(1万回転)マシニング 導入 (YBM800N)
・半導体装置用チャンバー及び関連部品製作開始
1997年・三次元レーザー用多軸ヘッド製作開始/(株)日平トヤマ様
1998年・FMS 導入 (新潟T/K800□MC 1台 + 24パレット)
・クリーンルーム 導入 (50㎡ 1,700スケール 前室110㎡)
2000年・ISO9002認証 取得
・OKK横型M/C 導入 (500□8パレット仕様)
・ツガミ横型M/C 導入 (300□10パレット仕様)
2001年・ISO14001認証 取得
2002年・新潟T/K800□M/C FMS 増設
2003年・新潟T/K800□M/C-8P 導入
2005年・北部工業団地内に倉部工場(2000坪) 取得
・ISO9001認証 取得
2006年・倉部工場1次増築工事(370坪) 完了
・スイングマシナリー組立ライン移管/(株)コマツ様
・ニイガタマシンテクノ1000□M/C-6P 導入
・新日本工機 門型五面加工機 導入
2007年・倉部工場2次増築工事(310坪) 完了
・スイングマシナリー加工ライン新設
2008年・東芝大型横型ML BTH 導入
・東芝ターニングマシン 導入
・大型三次元測定機 導入
・オークマ大型NC旋盤 導入
・キャリア加工ライン 導入/(株)コマツ様より
2009年・人材育成優良企業知事表彰
2010年・中村留NC旋盤 導入
2011年・中村留NC旋盤複合機 導入 (2台)
2012年・ニイガタマシンテクノ800□M/C-8P 導入
・倉部工場隣接地(2,004坪) 取得
・石川県健康つくり優良企業知事表彰
・代表取締役会長 岩本博之 就任
・代表取締役社長 西村学 就任
2013年・生産管理システム 更新
・CAD/CAMシステム 導入
2014年・中災防 中小企業労働安全衛生評価事業
 (グッド・セーフティー・カンパニー) 認証
2015年・ニイガタマシンテクノ800口、630口M/C-8P 導入 (1台)