レポート

←戻る

■ポリテクセンター石川

2013年2月5日(火)~2月7日(木)

稲垣 由貴

主催社団法人石川県鉄工機電協会
テーマ第2回精密測定技術(精度管理編)コース

鉄工機電協会様による精密測定技術コースの研修に参加させていただきました。主な内容としてマイクロメータやノギスなどの精密測定具の取り扱い方や測定方法など、実際に物を測定しながら学んでいきました。マイクロメータは普段良く使うので、その度に以前習ったことを意識しながら使用していたのですが、スケールやノギスなど使用頻度も高く簡単に測定できる物は扱い方が雑になっていたり、自己流になっていたので改めて扱い方を見直す良い機会だったと思います。またノギスに関しては、普段デジタル表示の物を主に使っていたので読み取りに苦労しました。ですが、ちゃんと読み取れるようになったので、忘れないように時々デジタル表示以外の物も使うようにしたいです。

また、測定具の調整方法を実践を交えながら詳しく教えていただきました。主にノギスとマイクロメータの調整をしたのですが同時に中身の構造も詳しく知ることができ、より興味を深めることができました。まだ1,2回しか触っていないので少し怖いですが調子の悪い測定具を自分で調整して、いつでも正しい測定ができる環境づくりに協力できれば良いなと思います。

今回の研修を通して、より深い知識と技術を身につけることができました。そして、検査員としての意識も高めることができました。この知識を今後の仕事にも活かして、より正しい測定と判断ができるようにしたいと思います。この3日間が無駄にならないよう自分から使う機会を作って、とっさに使わなければいけない時に素早く対応できるように、日々努力していきたいと思います。