その他の行事

←戻る

■日刊工業新聞朝刊 記事掲載

2020年7月27日(水)

自動化、環境対応技術で生産現場を改革 岩本工業(石川県白山市)は切削液を希釈して複数の工作機械へ自動供給する装置「クーラントサーバー楽~ラント」の拡販に注力している。同製品は原液を計量して希釈し濃度を確認後に工作機械まで運搬、供給する一連のクーラント作業を自動化する。同社は機械加工を手掛けるため「加工屋さんが作った製品」として信頼を高め、中小から大手までリピートを含め引き合いが増えている。 装置自体が省スペースで、水道法性能基準適合品として蛇口とAC100ボルトのコンセントがあれば設置できるため導入しやすい。切削液の配管工事をしなくてもしない場合でも、給油ノズルからの吐出で運用可能。

楽~ラントサイトはこちら ☞https://iwmt-kg.jp/