ISO推進室

←戻る

■避難訓練

2016年2月25日(木)

工場内からの出火を想定した避難訓練を、倉部工場にて行いました。火災発生時のどのように避難、連絡、初期消火を行なう必要があるのかを確認し、緊急時には全員が安全に避難できるように訓練を行いました。

訓練後に白山消防署員より「全体的にスムーズに行動できていたが、消火栓ホースの取り扱いや避難放送に手間取るところがあった。手間取った所は今後の課題として、いざ避難を行なわなければならない事があった場合に、スムーズに行なえるように日頃から心がけてもらいたい」との、お言葉を頂きました。

■訓練の様子

▲避難訓練の後、消火栓の詳しい取り扱い方を説明してもらいました。
▲実際に放水して、消火活動を体験しました。