QC活動

←戻る

■第41回 オールコマツQC発表大会

2009年11月7日(土)
加藤 博文

場所コマツ 小山工場
参加数9会場で合計79サークル(内、海外サークル21サークル)
参加国日本、アメリカ(4件)、イギリス(2件)、ドイツ(1件)、イタリア(1件)、オーストラリア(1件)、シンガポール(1件)、タイ(1件)、インドネシア(1件)、インド(1件)、中国(7件) ……全11カ国

QC大会当日、自分達の発表順が1番ということや緊張もあり、うまく寝付く事が出来なく、朝3時位に起きそれから1人で朝食の時間まで原稿片手に練習しました。

自分では少し悔いの残った発表でしたが、篠嶋課長の励ましや、出発前日まで発表に関してアドバイスして下さった、中嶋次長や山口係長その他多くの人たちの応援もありミスも少なく、うまく発表できて良かったと思います。多くの人達に感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の発表後は、他社の協力企業の発表や海外のコマツグループの発表と多くのチームのQC発表を拝見させていただきました。どのチームも内容の濃い発表で、工数低減や技術の向上といった内容のものが多いと感じました。自分の中では人材育成や、業務の外注先とのコスト管理などのなかなか聞いた事の無い発表に関心を持ちました。

今回のオールコマツQC大会を通して、自分自身QCの取り組み方や考え方など勉強になったと思います。またQCの他にも多くのことを学ぶ事の出来た2日間でした。

■大会終了後の記念写真